|   お問い合わせ   |   個人情報保護法   |   特定商取引に基づく表記   |

足湯桶の紹介

「立ち仕事で足が疲れる…」「冬場で足が冷たい…」「最近疲れ気味…」そんな方にぴったりなのが「足湯」です。 靴下を脱いだらすぐ入れるので、旅館・ホテル・別荘・保養所・介護施設等の大型施設で人気です。

足湯桶01 足湯桶02

写真:「高野槇」6人がけの足湯桶 / イス3 人×3人 掛けは取り外しができベンチとしても使用できます

足湯桶 価格表
木曽檜・生節入
<足桶+イス2台セット>
足桶 ・ 1200×600×380
イス  ・ 1000×400×380
高野槇・生節入
<足桶+イス2台セット>
足桶  1200×600×380
イス  1000×400×380

※価格の詳細は条件により異なってきますのでお問い合わせください。その他のサイズも製作が可能です。その都度お見積もり致します。

「無節」「生節入り」って何?

「無節」とは節のない部分を使用して製作したもの(「無節」の写真)。
 「生節入」とは節のある部分を使用して製作したもの。(小節のみ使用します。  上の写真)
見た目の美しさから「節」を好まないお客様もいらっしゃいますが、「節」があることの弱点はありません。
「節」にはその部分に油分があり水をはじいてくれるので丈夫。木風呂にとってもいい存在なのです。


足湯の効果

血液が全身を約1分間で一周するので、足だけ浸けても、足元で温まった血液が全身を循環して、ぽかぽか温まったり発汗したりします。手足・内臓も温まり、新陳代謝が良くなりますので、長期的に行えば病気予防・体質改善にも繋がります。足湯につかり血行を促進をすることで、疲労回復・筋肉の疲れやコリをほぐします。



|  風呂工房の特徴   |   ご購入方法   |   

2008風呂工房